お酒を作る方法

she is waiting for the bus

最初はとにかく仕事の流れを掴むところから始めていきます。高松のキャバクラで働く際にいきなりスタートダッシュをかけようとして激しく行動してしまうと、色々トラブルが起こったりしやすくなるので焦らずに徐々に慣れていってください。まずこれから高松のキャバクラで働く際に、お客さんのお酒を作ってあげるところから覚えないといけません。今回は特別に1からしっかり解説していきたいと思います。まずロックで作る場合、先にグラスを冷やすところから始めます。ロックグラスをボーイさんに頼んで持ってきてもらい、4つほど氷をグラスに入れてマドラーで回していってください。次にいよいよお酒を注ぎます。この時にポイントとしては濃い目かどうかを聞くことです。最後はグラスをステアします。この時にできるだけ反時計回りにステアするようにすれば、お席を一緒に楽しみたいという意思表示になるんですよね。次に水割りで作る場合ですが、先ほどの手順でお酒を注いだ後に必ず水を注ぐこと。大体水はグラスの8割くらい入れるようにすればOKです。そして入れたら必ずグラスをステアする。そして氷をトングで一つ入れて、コースターをお客さんの前に置きお酒を配りましょう。かなりざっくりとした説明になりましたが、これは高松のキャバクラであなたが必ずやっていくことになる基本的な接客要素の一つなので、絶対に覚えるようにしてほしいと思います。今後高松のキャバクラでスムーズに活躍する為に、是非知識をしっかり身に付けるようにしていきましょう。最初は難しいですが慣れればあっという間です。